The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦国自衛隊 第一部を 見たよ

<<   作成日時 : 2006/02/01 14:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

サニ−千葉の伊庭が印象深い「戦国自衛隊」
時と場所を関が原に設定を変えドラマ化。元兵器オタクだった
私。どれくらい自衛隊の協力があるかも興味あります。

最初は何で場所まで移動するんだ!!っとつっこみを入れたけれど
東西それぞれに加勢を求められる、小早川秀秋と伊庭の同じ境遇
で友情めいたものが・・・・とその辺をかきたかったのでしょうね。

こういう歴史ものだと人物関係とか複雑なので、ちょっと検索。
小早川秀秋って関が原の戦いのカギを握る重要人物。一度西軍に
加わりながらも、家康に脅され東軍へ・・この裏切りによって家康側に
戦況は傾くというもの。この辺の葛藤がドラマにどのように描かれるのか。

やはり家康ってたぬき。戦略家としては伊庭なんて子供です。津川さん
以外いないってくらいはまり役でした。

映画では戦車は偽物でしたが今回は、本物の74式戦車。どうせなら
自由に車体を傾ける特技をみせてほしいっす。

えみりさんやサトエリは要らないのでは。男祭りでいいと思うけどね。

いずれ弾薬や燃料は切れます。その時は自衛隊の兵器もくず鉄に。
結末は・・・・。まさかまたタイムスリップする以外は果てるしかないんですけど
なにかふたたび秀秋の手にかかって・・・って気がします。

勿論戦いのシ−ンがメインになるんだけど、角川映画ではあまりに長くて
見るのに疲れてしまった記憶があります。銃で撃たれて死ぬというのに
比べて、刀や矢で刺されて死ぬというのは生理的にいや。あんまり長くして
ほしくないです。

去年リメ−クした「戦国自衛隊」の映画は見てません。あまり評判はよく
なかったようで。

過去にタイムスリップして自衛隊が・・・っというのは豊田有恒さんの
「タイムスリップ大戦争」とかありました。こちらはもっと軽いタッチで
兵器の差でコテンパンにアメリカ軍に勝って。歴史を変えちゃうというもの
兵器オタクにはたのしかったですが。

さて来週も見るかどうか。戦いよりも戦略とかに興味があります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦国自衛隊 関ケ原の戦い
日テレは、俺たちに何を考えさせようとしているのか(爆)。 ...続きを見る
うぞきあ の場
2006/02/01 15:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も見ました。
うちは弟くんが元自衛隊なので、多分彼は色々批評してると思いますがね。
私は戦国時代が好きなので自然に観点は戦国武将の動向になります。

私が驚いたのは本多正信と徳川家康。
長門&津川という兄弟並んでの出演は金太郎以来だと思います。
それくらいなかなかない取り合わせ。
ただ、本多正信と家康との取り合わせは本当はないんですがね。(苦笑

本来ならもうちょっと主要な戦国武将も出てくるのでしょうけれど、その辺りはかなり絞った感じ。

次回の予告を見る限りでは石田三成が惨殺?
歴史はどうなる?てな具合なので、その辺りの取りまとめが正直楽しみです。
ikasama4
2006/02/01 18:56
私の高校時代の友人も自衛隊に行きましたね。銃が
撃ちたいという理由で。一度その後、会ったことがありましたけど
さらに磨きがかかった感じでした。

どのように歴史と関わっていくのか楽しみですよね。ちょっと
勉強しておかなきゃいけませんね。

反町版伊庭は人が良すぎる気がします。白石美穂さんを見ると
陣釜さんだぁ〜と・・・。ちょっと怒った顔を見て見たいっす。
タカシ
2006/02/03 13:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戦国自衛隊 第一部を 見たよ The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる