The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS ハゲタカ 第四回

<<   作成日時 : 2007/03/11 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

第二話から見始めましたが土9は完全にこれですよね〜!! 今週は前回から数年経って
いたり、ちょっと心情的にスト−リ−が振れたので物足りない部分はありましたが、
やっぱり面白い! 引き込まれます。

このドラマは丁々発止というか先手を打ったからといって有利ではなく、次の手を打たれたらまたそれをひっくり返す手段を・・・っというやり取りが面白いし、華麗な一族のように片方が善で片方が悪というステレオタイプでなく、結局二人ともおなじ穴のむじなという所がいいと思いました。華麗な一族は同じ土俵に立ってないというかかみ合ってなくて、裁判なんて展開には白けます。謀略には謀略で対抗したら興味深い展開になったのにねぇ。


サンデ−ト−イズの社長交代劇から芝野健夫は銀行を退職して企業の再生家として、三島由香は経済記者からニュ−ス番組のキャスタ−として活躍・・・。


そういう意味で私的には芝野さんは銀行を辞めて欲しくなかったなぁ〜。銀行員という縛りの中で会社と自分の信念との狭間でどういう行動を取るかが楽しみだったので、フリ−の立場だとつまらない気がします。その分、今週は鷲津さんが本社からの圧力と由香の実家の工場問題に悩むという形になっていますが。

由香はあのサンデ−の役員横領のスク−プから頭角を・・・という事なのでしょうか?実際にあんな美人記者がいたら、きっと由香タンとか注目されているんだろうなと密かに妄想していたのでこの展開はうれしいかな?

鷲津の手掛けた企業はそれなりに再生している・・・ハゲタカは単なる略奪者なのか? 三島由香はハゲタカとなる前の鷲津を知っているゆえに、その答えを知るためにジャ−ナリストとして
頑張っている気がしますね。

画像

鷲津も由香の工場が苦境になると知って苦悩しているし。罪悪感なのかそれとも恋愛感情も混ざっているのか分かりませんが。冷徹な企業家としてはアキレス腱なのかも知れないけど、来週のあらすじを見ると由香の工場を守るためにも・・・っとあるのでこういう心情も力になるのかなと思います。

画像

カリスマ創業者の大木の信条は人は力なり・・・。だからリストラは最後の最後でと。でももう最後の最後だったりしてないかと疑問を持ちました。菅原文太さんはさすがだなと思いましたが。死の間際に書いた手紙、結局は三年待ってくれと。ちょっと肩透かしだったかな。問題の先送りの気がします。人は力なりといってもみんな優秀というわけでもないし、最小限の血は流しても仕方なくもっと大手術が必要になったらどうすんだと。ちょっと甘さは感じましたが・・・

結局、今週は前フリにすぎないんですよね。 これから怒涛の展開が待っていると。

西野が鷲津と芝野の前に立ちふさがる・・・展開早っ! 彼はきっとお金だけだから。金を持たない悲劇と金をもつ悲劇、その両方を味合う役柄だから二人よりも非情なんだろうな。

画像

予告で拳銃を持った姿、お父さんに似てきましたね〜。びっくりしました。

最近、パナソニックが子会社のビクタ−を売却するという話が話題になりますね。ビクタ−というとビデオというイメ−ジですがもうビデオの時代じゃないからねえ。あまり昔の栄光や誇りにしがみついていると。なんかこのドラマを見ていてそんなことを考えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハゲタカ 第4話 「激震!株主総会」
サンデートイズの一件から4年の歳月が流れた。 この事件の後、芝野はターンアラウンドマネージャー(企業再生家)として 傾きかけた企業を3年で再建させた事で名を馳せていた。。 三島由香は東洋テレビのニュースキャスターとして名を馳せていた。 そしてハゲタカは買収を繰り返す事で収益を上げていた。 彼が買収した企業は全て収益を挙げ結果的に救ったカタチとなった。 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2007/03/11 14:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>第二話から見始めましたが土9は完全にこれですよね〜!!
これはもう間違いなしですね。

土曜ドラマはどっちが善でどっちが悪という構図はとらず
それぞれの目的が異なっていても
そこに辿り着く状況次第で敵にも味方にもなる。

この辺りが面白いところですね。

あまりにも面白いので原作を買って読みました(;・∀・)ゞ

原作とドラマを見比べて
かなりアレンジが多いのですが、このドラマへのアレンジには
関心するものがあります。

このドラマは「サラリーマン」と分類される人間にとって
とても他人事には思えない感覚に陥ります。

>最近、パナソニックが子会社のビクタ−を売却するという話が話題になりますね。
たしかにそうですね。
それと日興買収もそうですね。
昔の栄光や誇りでは飯は食ってはいけないですからね。
芝野の言い分もわかりますが
個人的には株主総会での鷲津の意見を推したいですね。
ikasama4
2007/03/11 15:03
あまりNHKの方を見る習慣はなかったんですが
評判を聞いて見たらはまりました。

原作の面白さと共に(未読ですが)その魅力を存分に
いきしている脚本が魅力で。
アレンジされているそうですが、どこぞとちがって改悪
とはなっていないという事なんですね。

大木会長の手紙は生温いと感じましたがいわば
ステ−ジ1という所、ジャブをひとつ食らったという
感じ。

西野がホワイトナイトになるって事なんでしょうか?
鷲津より冷酷そうなのに・・・この辺は記憶に新しいので
どう展開が転んでいくのか楽しみです。
タカシ
2007/03/11 20:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハゲタカ 第四回 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる