The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 「探偵ガリレオ」 読了!!

<<   作成日時 : 2007/10/20 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今期の月9「ガリレオ」の原作、東野先生の「探偵ガリレオ」読み終わりました。
短編なので2時間くらいでサクっとね。ドラマでも初回で放送された「燃える」
結構ドラマとちがっていました。画像

録画したものは既に削除してしまったので、正確がどうかは分からない
けど金森が朗読していたのはドラマではヘッセの「車輪の下」でしたよね。
原作ではブラットベリーの「火星年代記」。う〜ん、何で変えたのかな? 
SFだとまずいのか? 金森が表の顔は善良そうだけど裏は・・・っという部分
を強調したくてこの作品を選んだのか。 そういえば原作の金森は直接、
人を狙ったのでなかった。レーザーも失敗を重ねてという記述はなかったし。
あざといというと言葉はわるいけどよりドラマ性を強調している印象でした。


原作を読んで・・・やはりトリックの部分でちょっとイメージが想像つかない部分
はありますね。だから原作ではなかったレーザーの実験場をドラマでは大々的
に作ったのですね。ここは分かりやすくてとっても良かったと思います。

動機やトリック以外の部分は拍子抜けなほど普通だったり。これはやはり
その手段が何だったのかを考える小説だったと。

後、湯川助教授と草薙刑事のやり取りが楽しい。意外と湯川教授がお茶目だったり
ここは原作通りでよかったんじゃない!? せめて薫のキャラを変えて欲しいなぁ〜。

原作を読んで、ドラマも原作で伝え切れてない部分を補ってくれてる印象ありで
これはこれでまた興味深かったです。原作を読んだからといってドラマへの興味
が薄くなるという事はなさそう。

次回は「離脱る」 これをどう映像化するか・・・お手並み拝見ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガリレオ第二話「離脱る」感想
ガリレオ第二話「離脱る」感想今回は犯人を見つけるための捜査がメインではなかった。ある容疑者の無実を証明するための捜査である。普通、推理ドラマだと犯人は誰か?とか犯人はどのようにして犯罪を犯したのか?という内容がほとんどであるが、ある容疑者の無実を証明するための推理と言うのは記憶に無い。幽体離脱が蜃気楼現象だったと言うことも面白い。しかし、これはあまりに非現実的でしょう?工場で液体窒素流出事故が起こること自体、ほとんど無いことでは?最後の犯人が、いともあっさり見つかったことも、... ...続きを見る
ガリレオドラマ情報!フジテレビ2007年...
2007/10/23 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原作では理論的な面が強調されていますが
ドラマはその理論を実際に行った場合の問題とかが
描かれているのがいいですね。

また、それがドラマと原作の展開が
大きく異なっている感じがまた面白いとこですね。

ただ、私も
草薙と湯川との掛け合いの方がいいと思うんですが
ドラマの回を重ねたら、いい感じになっていく
・・・のかな(; ̄∀ ̄)


追伸
モップガール第2話
ニコニコ動画にありました↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1318939

2:00〜19:00の間なら
無料会員に登録して閲覧する事が出来ます。
ikasama4
2007/10/21 10:45
原作では結構???の部分があったので補完してもらうと
嬉しいです。

レーザーが一発で上手くいかないのは金森の性格を表すと共に
悪用を警戒したのかも知れませんね。

いわば後出しの利を上手く使っていたなと>検証。

薫のうざい感じも少しずつ変わっていくのも狙っている
のかも。その辺はこれから期待して行きます。

ニコニコのアカウントは前に取ったんですがメールを
取り損なって知らないんですよ。もう一度挑戦してみますね。
タカシ
2007/10/21 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「探偵ガリレオ」 読了!! The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる