The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第一回

<<   作成日時 : 2008/01/21 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

こういう感じ、結構好きです。期待していなかったけど面白かった。仁義画像
というかドラマに心があったので、良い意味で看板だぉれですぅ〜!!

最初、映画の「ローズ家の戦争」みたいなのかなと想像していたんです。血で
血を洗うとまではいかなくても罵りあいとか、日常茶飯事みたいな。
これは宣伝ポスターとかも誤解するよね。中身は至ってヒューマンなドラマ
でしたよ。

今まで、小雪さんはちょっと苦手。でもこのドラマでは魅力的に見えました。
最初の超カジュアルな感じも良かったし、その後のボンドガール!? のギャップ。
男はイチコロだと思う。細かいよりおおらかな方が好感持てるし、すっごい法倫
でなくてもギュンギュン惹かれるでしょう。

正直、CD踏み潰すところなんてかっこいいと思った。最近おとなしい役柄が
多かったのでちょっとびっくり。小雪さんでがさつな役なんてと思ったけど
なかなかどうして・・・お似合いです。

吾郎さんはスマスマ、最近見てなくてGoro‘s Barばかりなんですが。うん
オーナーにしか見えない。吾郎さんの演技は悪く言うとあまり変わらないという
イメージ。今回もいつもの感じ。だけどちょっと神経質で人とスイッチというかツボ
がずれている、だけど根は優しい・・・そんな所が魅力だと思うのでまあ安心した
というのが感想です。

初回はごみ問題でしたが佐々木夫妻自身の争いの種として、リンクしていた事
もあり、最初のエピソードとして取り上げたのは良い選択だったと思います。

15年間 家の前がごみの収集場にされて我慢をしていた小鹿夫妻に小堺さん
と鷲尾さんというのはなかなか合っていた。一方的ではなく、その分優遇されて
いたというのもバランス感覚があって話に厚みが出てたと思います。

その辺を突かれてピンチのりっちゃん・・・そこでゴミ箱を! カッコよかったね。
まさか家がごみ溜めとは他の方は知る由もありませんが。そして・・・

「病気を治すのは私でなく、点滴よ」
これでりっちゃんのキャラが固まった気がしました。

小鹿家から収集所が移っても結局また誰かが苦しむ・・・わたしもここが気になって
いた。だからどう解決するのかなと。法倫の提案はささやかなものだったかも知れ
ない。しかしそれゆえに住民の方には受け入れやすかったのかも。実際に焼却炉
の建設場なんかで、必要だけどうちの近所だけは反対!!とかありますよね。こんな
風にみんなが受け入れられる方法ってないものだろうか・・・なんて見てて考えて
しまいました。

脇の方もなかなか。特に小出くんと古田さん。はまるわ〜!!

特別出演でいろんな方が顔出し。くさなぎさんはまあどうでもいいけど桜井幸子
さんは気になる〜!! キャスト紹介がされていたので今後また出るんですよね。
これは楽しみ。

まずは離婚は回避と思ったら来週は離婚問題か。先の「ローズ家の戦争」は奥さん
がもう旦那に対して愛が無くなった。だからもう元には戻らない。佐々木家はまだ
りっちゃんには愛が残っているように見えたので大丈夫だと思う。女性って一旦
嫌いなったらとことんですよね。記憶から削除したいみたいな。

画像

初回はなかなか気に入りました。好感を持ったのはちゃんと人の心情を拾い上げてくれてた
事。とってつけた感じでなくいくつかの小さなエピを積み上げてだったので感情移入しやすかった。りっちゃんをはじめ登場人物のキャラ決めがしっかりとされていたので、セリフが生きてましたね。この人らしいやというのが初回で感じられましたから。脚本家の森下さんは結構ファンが付いているみたい。ドラマのセカチューとか、白夜行・・・なるほど。細かいところに気が付く方かも。難は主題歌だけ!? とりあえず次も見ますよ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第1話「愛と鼻血の離婚バトル開幕!!」あらすじ
佐々木法倫(稲垣吾郎)は弁護士駆け出しのころ、人生の袋小路にいた。そんなとき、佐々木律子(小雪)と出会った法倫は、その美貌と知性、&... ...続きを見る
テレビドラマレビューブログ:ドラマニア
2008/01/21 10:11
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第1話
これは面白いなぁ。 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/01/21 21:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに主題歌がいただけません(笑)
脇役の方がもうちょっと個性を見せてくれたらもっと面白そうですね!
また来週も見ますよー。
prettig
2008/01/21 10:28
稲垣さんって
神経質で着眼点がちょっとズレてる雰囲気の
役柄がいつも似合ってる感じでしたが

小雪さんの役柄は
今までにない新鮮な役ですね。

仕事場と自宅にいる時のギャップがいいですね。


TBSは以前、飛びぬけた弁護士ドラマで
楽しませてもらいましたが、それをちょっと
彷彿とさせるとこがありますね。

そのドラマと比べると
かなりスタイリッシュになった感じがします。
見易くて面白いドラマに仕上がってますね。

ちなみに古田さんは
「まりもみ」で池田プロモーションで
ゲイの社長の役柄を演じてるのですが
思いっきりそのまんまで思わず
笑ってしまいました。


にしても
「美人は三日で飽きる ブスは三日で慣れる」って
言葉がありますが、慣れるには相当の忍耐がいりそうです(苦笑)
ikasama4
2008/01/21 23:59
prettigさん、お早うございます〜。

主題歌・・・みんなで歌っているところは問題ないんですが
ソロはちょいと危険かも。アップテンポの方がドラマの内容
にも合っているし、誤魔化し易かったとか??

小出くんと古田さんははまり役でしたが西村さんと藤田まこと
さんは目立ってなかったかな。ただ丁寧な作りだったので
それぞれにお話を回していくような気がします。
タカシ
2008/01/22 07:37
お、ikasama4さんもお気に入りのようですね。

日曜の夜に合う楽しいドラマでした。期待が薄かった
だけに嬉しい誤算。

小雪さんの役柄は確かに新鮮。大分印象が変わってきたかも。
やはり恋はギャップですよね。私も片付けが不得意だから
りっちゃんとは暮らしていけないかも・・・・。

おおらか=おおざっぱ、がさつとも見方を変えると
言えないこともありません。日本語って便利です。

丁重に作っているので誰でも分かり易くて良かった
と思います。これは脚本家の性格なのかな? こういう
エピソードを積み重ねていく形は私の好きなタイプです。

まりもみは地上波で新潟でも放送されていますので
見ておりますよ。古田さんのお話が抜群に面白い
ですよね。それにつられてかゲストもぶっちゃけ
トークだし。果たしてまりもみ(当人たち)は売れるの
でしょうか?

個人的には美人は三年見てても飽きないし
・・・は三日では慣れないと思う。
タカシ
2008/01/22 07:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第一回 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる