The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年1月クールのドラマの総評を・・・

<<   作成日時 : 2008/03/25 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

まだ「ロス:タイム:ライフ」は終了していませんが。まあもういいでしょうという感じでフライング
1月クールの連ドラの総評をやってしまいます。今クールは変わったテーマのドラマが多かっ
たものの中身は・・・普通でイマイチという印象。全体的に最終回前にあらかた出尽くして
息切れ状態というドラマが多かった。脚本や演出のスキルの低さを感じ、日本のドラマの
地盤沈下は続いていますね。


「薔薇のない花屋」

 これは期待しすぎたという事なんでしょうね。初回の展開から野島作品という事で。
キーパーソンがビデオ出演だけという手法は斬新だったし、あざとい仕掛けや設定に
みんな振り回された。主役のお二人の演技の不自然さ。何か隠されたものがあっての
演出?でも内容自体はごく普通で・・・なんでやねん!!

またも伏線が回収できずまいというのは野島作品の宿命かな? 頭巾はともかく
何で美桜を盲目にしたてあげなければならなかったのか、何で今になって院長が
復讐を決意したのか説明されていない。見てて座りが悪いと言うか、もやもやした
思いが残りながら見ておりました。

良かったのは終始キャラがぶれなかった小野先生。まあどちらかと言うと釈ちゃん
ファンなので欲目かも知れません。それと最後の直哉役の松田弟さんですかね。

「ハチミツとクローバー」

 放送前の期待度は一番だと思われ、高視聴率間違い無しと期待されたのに・・
危うく視聴率全話、前週割れという不名誉な記録を作るところでした。どうせ0.1%なら
下がった方が良かったのにね。この中途半端さがドラマ版ハチクロクオリティ。

理由はキャスティングミス、脚本、演出・・・等々ありますが、まず原作がドラマに向いて
いない。アニメはまずまず好評でしたが映画の評価は低い。原作は結構ネタもので
のだめなみのコメディとシリアスが渾然一体になっている特別なもの。相当な覚悟と
準備、突き抜けた原作愛がないと実現できない代物だったと思います。

まずはキャスティングが全部ばつ。竹本くんは小池徹平くん、はぐみは・・・蒼井優さん
くらいしか思い当たらない。他も若手の俳優さんを適当に見繕えば・・では無理でした。

後は重要なエピソードや設定を改悪するのも嫌だった。 一番好きだった理花さん。
本当は自分の運転していた車で事故を起こし、旦那は亡くなり自身も重症。ずっと
杖を離せないというものなのに。最初、車メーカーがスポンサーに入っていたかどうか
失念しましたが。自動車メーカーがスポンサーの場合、自動車事故のシーンは絶対
NG。まあこれは理解できます。しかしその代わりにやかんのお湯でやけどが原因と
いう設定はなんともはやがっかりでした。瀬戸朝香も健康そのものでミスキャストです。

まったりとした青春群像ものをやりたければ、他の題材を選んだ方が良かったと思う。
ハチクロはハードルが高すぎでしたね。失敗作。

「貧乏男子」

 最初は喜多善男よりこっちを優先してみておりましたが、あまりの内容のなさに
こちらは捨てました。視聴者をなめているとしか思えないもの。

最初に主人公が何かある度にATMに駆け込んでいく様子。まるで消費者金融のCMかと
目を疑いました。これで借金は悪いことですよ、お金は怖いものですよといってもねぇ〜。

簡単に競馬に当たり続けて借金返済。わらしべ長者から物々交換で借金返済・・・
有り得ない。それぞれに五千円ずつ謝礼を貰うなんてそんなポロい儲け話はないし
動物まで交換というのは嫌な感じ。あそこは動物はだめですという一美の気持ちを
出してみればまたドラマの厚みも増すのに・・・無神経だと思う。もっと共感できる
返済方法を考え出して欲しかった。

結局生殺与奪の権はオムオムにあるので、借金を一億円あろうと無しにしようとも
オムオムの気持ち次第。難題はいろいろ出すも結局は最初の便箋張りに戻って
・・・なんという芸のなさ。つまらん。

ナンシーが一美を好きになって・・・これはアリとしてもおにぎりに好きという紙を
入れて告白!?  博打体質ですねこのドラマ。気持ちを伝えてないのに失恋か
それでメガネと結婚というのもねぇ。このドラマでは愛はお安いものなんですね。

唯一、為になったのは仲里 依紗だと思っていたのが、仲 里依紗さんだったと
分かった事か。後、最後の小栗さんのスーツ姿が似合っていた事くらいです。

「あしたの喜多善男」

 視聴率的にはブービー賞でしたが内容はそれほど悪くはなかった。小日向さんGJ
でしたがちょっととっつきにくくて、分かりにくいのが伸びなかった原因でしょうか?

初回を見逃したので人間関係とか背景が全く分からなかった。話が複雑だし
登場人物が多すぎる気がしました。南さんはいらなかったし、少なくとも亡くなった
ままで良かったのでは? ネガティブ善男は本人が受けいれたものなら特には。

私も喜多さんの人の良さにつけ込んでみんなが殺そうとする所、見ていられなかった。
この辺で敬遠される気持ちは分かる。ジャズ系のBGMは心地よかったけれど。
宵町しのぶはエリカ様をイメージさせるものでしたから、本人が出たらどんなにか・・
しのぶの演技力の無さは吉高さんの素なのか、演技だったのか最後まで分からん。

松田兄さんは最初、正直怖かった。でも最後はいい人でしたね。小日向さんとの
演技対決見ものでした。

高橋克実さんとの中年俳優の主演ドラマ対決、軍配はストレート勝負のいいドラマ
だった克実さんに上がりましたが演技は負けてませんでしたよ。いろんな面が
見えて興味深かったです。

「斉藤さん」

 全く期待していなかったものの意外や意外、初回<平均<最終回という良作ドラマの
体をなすとは予想外でした。こういう言いたいことが言えないというフラストレーションが
今の世の中にはあるのでしょうか?

主役の斉藤さんをはじめとして最後までキャラがぶれなかったのが成功の原因では?
観月さんは新たなはまり役として大きな財産になったはず。ミムラさんをはじめ脇の方も
それぞれ持ち味が出ていたと思います。

ただお話自体はそれほどでなく、序盤の幼稚園VS高校生編!?が終わった後はちょっと
失速気味だったかな?明らかに横浜の赤レンガ倉庫周辺なのに南アフリカにしちゃう
くらいなら最後の外国のシーンは蛇足でしょう。興ざめ。

個人的にはおでこ全開の北川弘美さんに惚れちゃいました。こんなに可愛くなっちゃうとは。
参りました。小顔でスタイル抜群の観月さんと北川さんに挟まれたミムラさんがちょっと
可哀想になりましたが。

「交渉人」

 最初の二回くらいしか見てないので割愛。米倉涼子さんが頑張ってたのが逆に痛々しくて
観てられなかった。

「鹿男あをによし」

 詳しい総評は最終回のレビューにて。このドラマの影響でちょっと奈良ブームが起きる
のは? またあのマスコットとか話題も重なって。まあ鹿ロボットや山ちゃんGJ!
ネタドラマとして楽しませてもらいました。

「だいすき!!」

 裏のフジをみていた関係で現在、veohなどの動画配信サイトで順次視聴中なんですが・・
もう号泣しています。今クールで日本のドラマらしいドラマはこれだけではないでしょうか?
若干、お涙頂戴的なあざとさは感じられるものの、いいものはいい!! 感情移入しまくり
絶対泣けます!!

香里奈さんが可愛い、軽度な知的障害者が妊娠、子育てという内容で大丈夫?っと
思ったらなかなかどうしていい演技でしたよ。弟役の平岡さん、いつものいい人役でしたが、
もうここまでいい人だとはもうはまりすぎと言うしかないですね。

裏の鹿男が個性派美女!?を集めたのとはまた違い、正統派美女ばかりというのもまた
対照的でこちらも目の保養になった。紺野まひるさんはやっぱり綺麗だったなぁ〜。

まだ半分も見ていませんが・・・(最初と後半くらい)。他のドラマが最終回前にもう
あらかた出尽くしてしまい寒い最終回なのに対して、最後までドラマの内容、テンションが
下がらないのは見事。胃がんだったお母さんを死なさなかったのは良かった。これは絶対
続編来ますね。ただTBSのこの枠、ドラマは廃止になるのはなんか皮肉だなぁ〜。

とにかくこのドラマは製作側の心が入っていて素敵なドラマでした。また観たい!!

「四姉妹探偵団」

 今、クールで最低視聴率だったドラマ。3.5%というのも、さもありなんという内容で
ありました。雑な仕事だったなぁ〜。脚本、演出ともに。なぜか全話みてしまいましたが
可愛い女性が出てくるだからか。夏帆さんは頑張ったけどセリフ回しがいつも一緒。
怒った感じの声の出し方が好きじゃなかった。冬でもこもこした衣装・・・夏で薄着だったら
また魅力も出せたのかもしれなかったのに残念。ナッキー観たさだったのでもっと活躍して
欲しいのにね。最終回、途中まで緊張感があって良かったのに・・・腰紐ぐるぐるアレ〜
は何よ!! もうがっかりしました。もう二度とやらないで。

「エジソンの母」

 これも観たり観なかったりでしたが・・・実に惜しい感じ。きらり光るところもあったものの
結局何がやりたかったのか伝わってこなかった。あれこれやりすぎて散漫な感じ。

賢人くんが天才に見えなかったのは痛い。もう少しエジソンらしさが出てくれば共感できた?
坂井真紀さんは素敵なお母さんだったけど、「リアルエジソンの母」としては杉田かおるさん
のような盲目的にわが子を愛する母親の方が合っていた様にも思えます。美咲さんも以前
よりは見れるようにはなったけどまだまだ。安顕さんがかっこいい役というのは意外。逆に
谷原さんは勿体無かったかも。

「未来講師めぐる」

 初回こそ何がやりたいの?っとポカーンとしてものの、その後はエンジンかかって来て
とても良かったと思います。かなり寒い小ネタをこれでもかと入れてきますが総じて心優しい
素敵な結末が待っていたのも好感持てましたね。特にあの七話のエロさは神。

深キョンははまり役。そして超可愛かった!! あの狙いかボタンが弾けそうなスーツの
衣装。ある意味「山壁」よりもみっちり感がぁ〜。

ユーキ役の勝地涼さんはお初でしたがグー。あのちゃら度、お馬鹿度、突き抜けた感じが
最高。インラインスケートの上手さと対照的な音痴もまたいい味出てましたね。
エロビデオ先生もお初でしたが最初はキモい思いながらもだんだんはまってきたのはクドカン
ワールドのなせる業? 個人的には時効警察よりも好きになりました。未来の変革はダメとか
二十年後の未来しか見えないから単なる自慢・・・などいろんな縛りを最初に設けたものの
結局うやむやに。結果的にはそんな節操のなさも功を奏したようにも思えます。

「フルスイング」

 初回はみのがしたものの、評判を聞いて見たら・・・はまりました。とっても素敵なお話でしたね。
詳しい総評は最終回のレビュー記事にて。


まさか高橋克美さんで泣かされるとはねえ。笑い死にではなく。じっくり作られるNHKの
ドラマってやっぱりクオリティ高い。これと「だいすき!!」は絶対おすすめ!! 
絶対感動できますよ。

「1ポンドの福音」

 最初だけ見ましたが結局「フルスイング」にいってしまったので、その後まともに見たのが
最終回くらい。端的に言ってごく普通。悪く言うと特に心にひっかるものもなし、箸にも
棒にもという感じでしょうか? ある意味、試合のシーンを割愛気味にしたのは慧眼か?
そんな程度のドラマ。シスターからウェディングドレスに着替えた黒木メイサさんが眩暈が
するほど綺麗だった。これはドラマ的にはミスキャストという事? いっそキョンキョンに
したらすごかったのにね。

「ロス:タイム:ライフ」
 期待していたものとは違っていてがっかり。初回こそはまあ好きではないけど、意味と
いうか意義は何となくは分からんでもなかったがその後は・・・ナシです。

上野樹里さんの回だけ助かった意味は? 例えば犯罪者が悪いことをやるだけやって
最後に悔恨で・・・というならまだしも普通の何の落ち度もない人が殺されたり、事故で
亡くなったりというのは観てて嫌な思いが残って気分悪し。いわば死刑執行を毎週
みせられているようなものだから。

一発逆転はロスタイムにつきものだと思うのですよサッカーでは。あれほどサッカーの
ルールに則しているならそこもやって欲しかった。

この枠は視聴率も高く、面白いドラマが多かったのに残念。正直SPで調子に乗りすぎた
のでは?

「佐々木夫妻の仁義なき戦い」

 初回だけは良かった。りっちゃんも多少ズボラで暴力妻の面もあったけど、それを超える
魅力がありました。それがどんどんキャラが変節して行って妻としても弁護士としても
最低の女性になっていったのはなんでやねん!。

法倫も明日の身を案じてとはいえ生ませて取り上げるというのはちょっと。他の
法律事務所の方々もキャラ変わったよね。藤田まことさんまで。桜庭くんだけですね
変わらず共感できたのは。

久しぶりに桜井幸子さんを観ましたが相変わらず素敵でした。ただ結局視聴率的には
貢献せず。ドラマの内容もマドンナ登場から変わってきてしまった感もあり。

脚本家があんまり法律や法廷に詳しくないのではと。これは大きなマイナス。
もう少し弁護士ドラマの部分でリアルティがないと意味がないのでは。最終回は
上手くまとめたという印象もあったけど、結局法廷はグダグタに。痴話喧嘩を
世間に晒しただけかよ!!

ちょっと出演者が可哀想になってしまいました。吾郎さんは終始いい人だったから
まあイメージダウンはないとしても小雪さんは・・・。般若顔が更に鬼に見えてる。
私的にりっちゃんはないな。女としても弁護士としても。よく法センセ許したなぁ〜。
きっとM体質なのね。

次回も暴力女性が主役なのか・・・トホホ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2008年第1クール ドラマ 雑感
今期はようやくこれで一通り終わりました。 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/03/26 22:16
【平成20年度冬期ドラマ総評(佐々木夫妻最終回を含む)】
「佐々木夫妻」が本日最終回を迎えました。ぱっばっと感想書いちゃうと。。。なかなかテンポ良くて、面白かった。。。でも大げさじゃない。。。最後の裁判なんて、無理無理だよね。。。ひどすぎ収まっては蒸し返して、イラッとする事も多々ありました。でも、ストーリー自... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/03/27 00:51
2008年1月期ドラマ終了 感想
冬ドラマ終了しましたので、まとめを。 ...続きを見る
るりりんのお散歩雑記
2008/03/27 14:10
冬クールドラマ終了 平均視聴率 最終追記
冬クールドラマ終了 平均視聴率と順位・総評  ...続きを見る
ice-coffee
2008/03/27 14:55
2008冬ドラマの総評
『ロスタイム〜』は残りますが…ってこの枠はずっとこんな中途半端にまたいで行くんでしょうか?書き残し難いですわぁ(笑)桜も咲き、あ〜また1クール終わって今年も残り3/4…こんな計算しながら私の1年は終わって行く気がします(^_^;)--------------------------------------- ...続きを見る
美容師は見た…
2008/03/28 18:21
2008冬クールドラマ評 其の壱
開始前にはこんな気持ちやあんな気持ちやこんな感じで待ってたというのに、 終わってみればあららのら〜(笑) ...続きを見る
あるがまま・・・
2008/03/28 23:55
2008冬クールドラマ評 其の弐
2008冬クールドラマ評 其の壱より続く{/up/} ...続きを見る
あるがまま・・・
2008/03/28 23:56
2007年01月度 ドラマまとめネタ
かなり突貫工事になってますが、まとめです。 ...続きを見る
つれづれなる・・・日記?
2008/03/29 01:07
2008年1月期ドラマの総評!!
いやーー、番組改変期で、スペシャル番組ばっかりの毎日ですねぇ~。 ここいらで、2008年1月期ドラマを総括してみたいと思います! 今期見ていたのは、、、なんと15本&amp;#63915; 相変わらず見過ぎだよぉ~、私。。 ワンセグ携帯を買ったので、朝の通勤時間もフル活用しての .. ...続きを見る
霞の気まぐれ日記
2008/04/01 23:23
2008年 冬ドラマを振りかえって
どのタイミングで振りかえるのがいいのかよくわからないうちに いつの間にか4月になってしまいました。 まだ余韻に浸っているもの、 すで&... ...続きを見る
塩ひとつまみ
2008/04/02 14:23
2008春ドラマ、どれ見れるかな?
【これからの映っちゃうかもwな予定】4/3(木)21:30〜上戸彩・相武紗季・大塚ちひろ・真矢みき出演『アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜』左斜め前に相武紗季、左斜め後に上戸彩(「アテプリ」エキストラレポ・パート3)4/10(木)22:00〜長... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2008/04/03 00:54
青木裕子アナに新恋人・熱愛発覚!【ブラ透け画像】
元ミス慶応でゆうこりんの愛称でしられるTBSの青木裕子アナ(24)に新恋人が発覚 ...続きを見る
TBS青木裕子アナが番組で交際認める
2008/04/14 18:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の中では今期は
喜多さんと高さんと鹿男と
男ばかりの作品が面白かったです(笑)

みんなしてただ単に人が良さそうで
騙し易そうな喜多さんを騙そうとしていて
喜多さんはそれに気付いてないみたいだったけど
それが全て「気付いていないフリ」って展開は
月9で繰り返し言ってる「衝撃」以上の衝撃でした。

今までの物語が全て後半に集約されて見せてくれるのが
正しくドラマって感じですね。


高橋さんといい小日向さんといい
こうした熟練の味がこういうカタチで見せてくれたというのは
とても嬉しい気分にさせてくれます。

「だいすき!!」は私も動画配信サイトでチェックしてるところです。
TBSでこういう作風が作れるとはとても意外でした。

これはキャスティングを結構抑えて
脚本をしっかり作ったからなんだと思います。

当分、TBSの迷走は続きそうですね(苦笑)
ikasama4
2008/03/26 22:15
私もこのみっつはいずれも評価は高いです。

喜多善男は最初ボンビーメンの方を重視していた
関係で把握仕切れていない部分があって。
普通の視聴者としてながら見に向いていない作品が
あまり数字が上がらなかったのかなと。

それでちゃんと完走させたのは良かった。他が
グダグタの最終回を迎える中、しっかりとした内容
だったのはさすが。こういう大人のドラマはなくさないで
欲しい。

時期を同じくしてベテランの脇役俳優さんの主演ドラマ
味わい深くてよかったです。

「だいすき!!」を見てて、やはり脚本・ストーリーが
大切なんだと痛感。木10枠でTBSが勝ったのは何年ぶり
でしょう(鹿男がつまらないと言う訳ではありません)

同じ時間にドラマがかぶるのは困るから
それはいいんだけど。だいすきは期待されていなかった
んでしょうね。
タカシ
2008/03/27 00:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008年1月クールのドラマの総評を・・・ The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる