The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 世にも奇妙な物語 2008年春の特別編

<<   作成日時 : 2008/04/03 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

う〜ん、「トリハダ3」を見た後、これを見たらかったるくてしょうがなかったです。あちらの
方が一時間で7エピソード。さくさく進んで結末は同じ。その分お得感があったという
感じでしょうか?

個人的には最初からストーカーというのが丸わかりですが、2話目の戸田恵梨香さんが
良かったかな? 正体が明らかになった後の変貌ぶり。あそこまで追ってくるというのは
怖かったですね。ただあの少年とビデオの意味は? タモリさんにフォローさせるのは
× 要らないか、もっと脚本を工夫して意味を分かるようにするか・・・いっそほったらかし
でも良かったかも?

後はきいちゃんが可愛かった。でも助かったりという救済措置は要らなかった。
ロスタイムライフで上野樹里ちゃんが助かったのもギモンだったし。若い女優さんだから
といってひいきはドラマの内容を陳腐化すると思うのですが。ここは非情に徹して
欲しかった。


トリハダに比べて有名俳優が出ていたり、予算もあって映像も凝っていたりしますが・・・
だから何?っという印象も。無駄なシーンとか多すぎるとか思ってしまいました。
ぎゅっと恐怖というテーマにしぼったトリハダ3に今回は軍配を上げたい。

奇妙はちょっと肥大しすぎたかも? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世にも奇妙な物語 2008 春の特別編
今回も例によってクールの谷間にある奇妙な物語 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/04/03 21:13
世にも奇妙な物語春の特別編(4.2)
昨日は、恒例の『世にも奇妙な物語春の特別編』が放映されました。 傑作と呼べる作品はなかったものの、 ここ最近では、まあまあの出来だったのではないでしょうか。 ただ、どれも、以前観たことのあるような作品ばかりだったねえ。 もう出尽くしちゃったのかなあ ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2008/04/04 00:52
世にも奇妙な物語 (堺雅人さん)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、先週4月2日よる9時フジテレビ系列にて放送された『世にも奇妙な物語 春の特別編』の「フラッシュバック」に出演しました。 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2008/04/07 23:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
基本的にここ最近の「世にも」は
あるテーマに沿って脚本家がシナリオを練っている感じなんで

純粋に背筋が寒くなるような作品を作り上げる
「トリハダ3」と比べるとちょっと物足りなさはありますかね。


まぁ「世にも」の面白さはホラーばかりではなく
その「物語」が無限ループのように続くような展開とかも
ひとつの売りにしてるとこがありますからね。

「世にも」はその物語の世界観を見せる作品であるのに対して
「トリハダ3」は日常にあり得るかもしれないような恐怖を
見せてくれる点では方向性は違うんでしょうね。


個人的に戸田さんは今まで「純粋」な感じの役柄が多かったので
そのベクトルをずらすとどうなるか。

ここは面白かったとこですが、あの少年の存在意義が
ホント微妙な感じになってしまいました。

ただ、全体的に主演の役者さんが持つ雰囲気やイメージを
利用したり逆手にとったりする展開を見せてくれました。

この点に関しては今後のフジテレビの作品が期待出来そうな気はします。
ikasama4
2008/04/03 22:00
見た順番が逆だったらまた違う印象だったのかも。
さらっと見て・・・さくっ記事アップというつもりだった
ので結末になかなかいかないなぁ〜っと
感じてしまったんですね。

記事を書いた後、ちょっとフェアな書き方してないと反省
しました。

あちらはホラーものだし、世にも奇妙はファンタジーなども
入っていたりとちょっと方向性がちがっていますものね。

ただ、短い時間でスバットとくるトリハダみたいなものの
魅力も今回知ったのは良かった。同じフジでまたテイストの
違うものをやるという意義は充分にあるのではないでしょうか?
タカシ
2008/04/04 06:02
個人的に「トリハダ」みたいなオムニバスは面白いですね。

元々「世にも奇妙な物語」も
深夜にあった「奇妙な出来事」が元祖ですし
その作品も本来は「トリハダ」のように怖さを
追求していた番組でした。

それが大人の事情で「世にも」という
ゴールデン番組になったみたいですけど(苦笑)


なもんで「トリハダ」は
ある種の原点回帰ってとこはあるとは思いますが
こういったテイストの違う作品を見せる意義は
たしかに充分にあります。
ikasama4
2008/04/04 07:50
前身の「奇妙な出来事」は知らなかった。新潟だと
深夜番組になると放送されない可能性は高いです。

ウィキを見たら・・・出演者が時代を感じさせます。
ビデオのみだそうですがちょっと見たくなりますね。
15分で三本という構成はトリハダの1・3に受け継がれた
ということで、原点回帰をと思われたのでしょうか?

やはり深夜だからできるという企画は存在するので
どんどん面白いものをやってほしいものです。
タカシ
2008/04/05 06:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世にも奇妙な物語 2008年春の特別編 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる