The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS CHANGE 最終回 「解散! そして・・選挙に行こう!!」

<<   作成日時 : 2008/07/15 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

選挙で始まり選挙で終わる・・・。このドラマのタイトルは「CHANGE」。
朝倉啓太は一体何を「CHANGE」してくれるのだろうと、ずっとその答え
が明らかになるのを待っていたのですが・・・あなたの一票が政治を
チェンジ〜グ!!って選管のPVでした。27.4%・・少しあんどーなつに分けて
あげてよ!



私はドラマを評価する基準にセリフに頼りすぎるものは×と決めています。
いろいろなエピソードを積み重ね、登場人物の心情を役者が全身全霊で表現し
その仕上げとして言葉を置くというのが理想だと。


だからこの「CHANGE」も×。あの22分間のスピーチはドラマとしていろんな
努力を放棄した結果だとしか思えませんでした。しかも長すぎ。もっと簡略に
・・・きっと素人っぽく、生放送らしい少し稚拙な感じに仕立てのでしょうね。
視聴率至上主義で作られたドラマだったなぁと感じます。

またしても結末をぼかした最終回。春クールのドラマはこんなのばっかり。

せめて選挙に勝って第二次朝倉内閣が誕生し、美山さんのウェディングドレス姿に
(白無垢でもいいけど)お姫さまだっこ・・・あたりまで見せたらちょっとは終わった、
おめでとう!! っと思えたのに。

総評として・・・

政治ドラマとしてはあり得なすぎでがっかり。現実の世界の方が面白いと思ってました。
もう朝倉総理のちまた、評論家の評価など外部の声、顔が見えなくて。何かあったら
韮沢さん、生方議員・・・側近ばかり登用。批判されそう。お友達内閣。密室政治
ドラマの感あり。神林の存在に脚本的にも振り回されすぎた。どうせあり得ないなら
もっとスーパーヒーロー的にして世の中をチェンジ〜グ!!して欲しかったですね。

なぜ神林がこんな計略を図ったのか・・・多分、あの料亭の四人で一番若く、派閥としての
力関係などで総理になれる可能性が低かったからだと思うのですが。

神林を単にラスボスとしか描いていないので、そんな背景とか人間像が見えなくて
感情移入とかできないんですよね。

恋愛要素もこんな中途半端なら女性秘書は置物にして、阿部さんが第一秘書で
男の友情みたいなものをくそ熱くでも良かったか? でもこれは暑苦しいのでNGですね。


朝倉総理=セクスィー部長

総理の色香(誠実さ?)に触れたものはみんな崩れるように改心していく
んだもの。水筒のお茶も武器になります。結局、出されたお茶は飲みましょう
で良かった気もしましたが。

愚直なほどの誠実さ、国民と同じ目線・・・っというのはずっと貫き通してはいました。
ただそれが総理大臣として不可欠な資質なのかな? 神林先生見たいな戦略的
頭脳も時にはと。やりすぎましたけどね。

良かったのは・・・SP役の大倉さん。彼が画面に登場すると癒された。私の中
でこのドラマのはヒーローはあなたです!

戦略として異例の開始の遅れ、途中での延長、最終章=最終回詐欺、死ぬ死ぬ詐欺、
生放送詐欺・・。何か必死さが目立ちました。内容が良ければそんなことしなくても。
すぐに忘れられるドラマの中のひとつで終わってしまった気がします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
CHANGE最終話(7.14)
朝倉総理@木村拓哉、起死回生の策は解散総選挙。 次期総理を夢見た神林@寺尾聰の野望は潰えるのだった ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2008/07/16 00:33
CHANGE 最終回
とりあえず、「そうきたかっ!」という形でキレイに終わりましたね。決して悪くはありませんでした。 ...続きを見る
のほほん便り
2008/07/16 15:42
CHANGE 最終話
まず見終わった後の率直な感想 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/07/16 23:56
Phentermine without a prescription.
Discount phentermine without a prescription. ...続きを見る
Phentermine no presc...
2008/09/18 15:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「小学5年生にも分かる政治」
ここが主体だったのですが

ドラマの登場人物の関係性が
公式HPをチェックしていないと
分からないという作りは少々残念ですね。

最後はなかなかよかったなと思ったのですが

結局、中盤以前の印象が薄かったから
最後の方がよく見えたのかなって気がしてきました。

中盤以降は人間のドラマでしたからねぇ。

なんかそういう方向に修正したような感があります。


つくづく政治のドラマってのは
数字を取るのが難しいんだろうなぁと

数字を取る宿命を背負わされた脚本家に
ちょっと同情しました(笑)
ikasama4
2008/07/17 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CHANGE 最終回 「解散! そして・・選挙に行こう!!」 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる