The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS あんどーなつ 第二回

<<   作成日時 : 2008/07/15 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 3

もうすぐ梅雨明けかな? 雨が上がって満月堂に封印されていた「ほおづき」が・・・
親方・・作ってくれるならもっと早く頼みますよ。奈津ちゃん、破門されそうでドキドキ
しましたよぉ〜!!


老舗の菓子屋の暖簾の重さ・・・

まあそういう世界に居たのでとってもよく分かります。骨身にしみるというか
どんな時も同じものを作れと口を酸っぱく言われてましたね。

使えないと捨てられた事も何度となくありましたよ。


奈津も父親を亡くした身としてはあのおばさんの望みに応えたい・・・とっても
よく分かる。でもまだ新米の奈津が見よう見まねで作ったものは結局は偽者。
届けても騙した事になってしまう。

それでも持っていこうした奈津に、作った菓子をたたきつぶす親方・・

怖かった〜。ちょっとトリハダ4〜!! なんちゃって

実際、親方の作ったものとは見た目も全然違う代物でした。

これが30年の違いだと。うんうんよくわかるわぁ〜。


何だかよく分かる・・・ばかりの感想ですが。本当に気持ち伝わるだもん。

お菓子、美味しそうとともに綺麗。ほうづきも本物ソックリに見えました。

外国の方にも大好評の食品サンプル。実は和菓子などにもつうじる日本人
の心、意識ではないのでしょう?

あっさり封印を取っちゃう女将さん。まあお客さんは喜ぶし、ある意味役割
を終えているのでまあいいか。堅苦しい職人の世界の中でちょっと軽やかな
感じの女将さんに風吹ジュンさんは合ってますね。

陽介は奈津に気がある?

「信じてますよ縁結び!」と願掛けてましたが。誰に何だろう?

奈津は意識はしてないけど、陽介を心の拠り所、頼る存在に
なっています。まあ進展はしないでしょうけど。



画像

最近、食品の偽造問題が騒がれてますが・・・こういう暖簾の重さを忘れているから起きるんですよね。今週もいいお話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あんどーなつ第2話(7.14)
満月堂にほおずきという菓子を買いに女性客鈴子@大森暁美が来店。 しかし、ほおずきは、満月堂の先代の主人が弦担ぎで封印した菓子。 もうほおずきが売られていないことに傷心の鈴子。 実は、余命いくばくもない鈴子の父にとって、ほおずきは思い出の菓子であり。 亡... ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2008/07/16 00:34
あんどーなつ 第2話
冒頭の素敵な噺家さん 見せてくれますねぇ(笑) ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/07/16 01:16
「あんどーなつ」第2話
満月堂で修行を始めた奈津に、 ほおずきの試練が訪れる! 奈津は福井出身って原作通りなの?ネタなの?? ...続きを見る
fool's aspirin
2008/07/16 07:42
あんどーなつ 第2話:破門!?最初の試練
噺家さん、キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! あぁ、またしても【ちりとてちん】を思い出させるようなオープニング{/face2_happy_s/} 離婚騒動のごたごたで、ちょっと小朝さんの事が苦手になりそうでしたが さすが、高座での師匠は素晴らしかったデス{/kirakira/} 和菓子を食べる仕草が、すご〜〜〜い{/ee_3/}本当に食べてるみたいでした{/hand_goo/} ...続きを見る
あるがまま・・・
2008/07/16 15:20
あんどーなつ 第2話 ほおずきへの想い
『破門!?最初の試練』内容『満月堂』という和菓子屋で修行を始めた、安藤奈津(貫地谷しほり)早朝からの仕事に体は慣れてきているのだが、どうも、仕事の要領を得ない。。。厳しい修行は続く。。夏の風物詩のひとつ、『ほおずき市』が迫ったそんなある日のこと。ほおず... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/07/16 17:52
あんどーなつ 第2話
奈津・・・(-_-;) ...続きを見る
まったり☆てぃ〜たいむ
2008/07/16 20:29
「あんどーなつ」第2回
 奈津(貫地谷しほり)の和菓子職人としての修行が始まった。 竹蔵(尾美としのり)も張り切って、自分が教わったことを奈津に教える。 「菓子は生きものだ、無駄でまで殺すな」 「急ぐのとあわてるのは違うぞ」 弟弟子ができて嬉しいんでしょうね〜 ...続きを見る
トリ猫家族
2008/07/17 16:38
あんどーなつ 第2話 「破門!?最初の試練」
いきなりエンディングのようなオープニング。 まだまだミスばかりの奈津(貫地谷しほり)。 ...続きを見る
テレビお気楽日記
2008/07/17 16:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
誰かに思い出の品を食べさせたい

その思いは分かるものの
未熟な腕の人がそれをやるという事は

その人がいる店の暖簾を傷つけてしまう事と同じ

だから、親方はあんなに怒ったんでしょうね。


自分の場合
死んだ爺さんが左官をやってて
左官の腕が認められるまでに十数年の歳月が必要みたいでした。

どんな職業であれ「職人」と名がつく方は
それだけ自分の腕と技量を磨いただけの
年月を重ねてきたって事なんですね。

こういう職人芸を見せるドラマ
少なくなってきましたからねぇ。

今回、なっちゃんよりも
親方のその心意気に癒されました(〃▽〃)ゞ
ikasama4
2008/07/16 01:15
個人的に私が作りました良かったら・・・っと
渡すつもりだったかも知れない。でもそれはあの方の
望んでいるものではない。

女将さんに訳を言って必死に頼んだら 許して
くれたかも。

でも強情で暴走タイプだから(親方も)。

確かに許されない事だったけど、雨降って地固まるで
師弟の関係がより強固になりましたよね。

親方も「それでお前さんの仕事は終わりだ・・」

言い方が粋。首とははっきり言ってないし、まだ
戻れる余地を残しているようにも感じました。

物を作る事だけが職人じゃなくて。脚本も職人技とか
あると思う。このところそういうものを感じさせる
ドラマの脚本がなかったのですが。あんどーなつは
久しぶりにさすが職人だなぁ〜と感じる貴重なドラマですね。
タカシ
2008/07/16 06:47
これ始めたら女釣れすぎwww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://darani9pi.net/raku/7TMKD2JE
祖千ン
2008/07/20 06:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あんどーなつ 第二回 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる