The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽と海の教室 第六回

<<   作成日時 : 2008/08/27 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

久しぶりに更新。初めてかな?このドラマで感じ入った部分があったので。
前半はドラマの中に心が入っていたと思う。ただ・・履修問題と同情自殺?
でがっくり。大政絢さんはハチワンより可愛かったです。


度々、変な言動をしていたUFO少女の心情は、まあ理解できるものだったので
ここは丸をあげたい。

自分が親に捨てられ養女として今の両親に育てられた・・そりゃ自分のアイデンティティ
て何? どこに存在するの?っと思うわな。

人間が泣いて生まれてくるのは生まれてきた事が嫌だから。

かなり後ろ向きな考えですが、気持ちがどん底ならそういう感情も
否定できないし、あまり考えた事がなかったのでその発想は新鮮でした。

朔太郎がどう返すのかと思ったら・・・泣いているんじゃなく叫んでいるんだ
自分はここにいるよと。

これは凛久が聞いたけどUFO少女に言って欲しかったかも。

校庭にハッピーバースディと電飾で飾ったのも、セリフだけいっちょまえ(一人前)で
中身が伴わなかったこのドラマでしたが初めていいじゃん〜っと感じましたよ。

確かに誕生日は初めて両親に出会う日とも言えるから何となく
今週は説得された気分で見てました。

難を言えば・・・これは小学生か中学生のお話だよな。17〜18才までずっと
あれはきつい。ラーメン屋さんで子供を私立の進学校まで行かせてくれる両親。
さぞや大変だと思うのに。このまま大学? 普通は家、出そう。あ、遠い学校に
行くつもり? ちょっと甘えすぎとも感じてしまいますね。

がっかりなのは・・未履修問題。もう解決?

校長が自ら告発するのも何だかですが・・・報告書は問題なしって。
しかも理事長が何をしたのかも語られてない。問題ないならこれは
もう学校側からやることは何もないですよね。

未履修で合格=ドーピングで金メダル。オリンピックに掛けていると
思われますが・・・これは屁理屈というもの。勉強しなくても成積が上がる
というものがドーピング。大分の教員採用不正みたいのがドーピングでは
ないでしょうか?

八郎が優しすぎるのか一緒に死のうと誘われますが・・・

凛久のモノローグで誰かが死ぬのは確か。結局八郎は死なない気が
します。雪乃は単に死に興味があるだけのようなもので自殺は回避
出来そうなもので意外と八郎が助けようとして・・・なんて事になったりして。

書いていた公式を覗いたら・・・次週はもう二学期になっている!?

大切な夏休みはスルーですか?

いろいろ不満あるけど。UFO少女のエピソードでの朔太郎のセリフと行動は、整合性が取れていて悪くなかった。問題はある種、錦の旗の学校のかくされていた不正をたった一言のセリフ(問題なし)で解決!?してしまったこと。二学期に入ってしまっては補習も困難。未履修がドーピングという朔太郎は救済措置でレポートや、補習時間の短縮とかは認めないよね。これのために理事長の独裁で教師がいいなりにならざえなく、学校ドラマで教師が空気という犠牲を払ったのにこれでは教師役の俳優さんたちが可哀想。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww
だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ
指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ
の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ

http://c-melon.net/ameban/vkTOk2XA
虎とら
2008/09/06 17:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
太陽と海の教室 第六回 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる