「オーバードライヴ」を見たよ


オ-バ-ドライヴ」。天才ギタリストがひょんな事から津軽三味線を
修行する事になり、新しく自分を見つめ直す・・・。ギタ-小僧の私。
三味線の音色も好き。興味をそそられるあらすじだったので選択しました。

人気絶頂のユニット「ゼロデシベル」の天才ギタリストの朝田弦は
新曲発表の席上、ボ-カル担当の美潮から「ギタ-なんか大嫌い~!!」発言
で、突然首を宣告される。下北沢のつもりが青森の下北半島までタクシ-
につれて来られた弦。実は津軽三味線の後継者を探している五十嵐が
弟子にするべく拉致してきたのだ。すぐに帰るつもりだったが。五十嵐の
孫娘、晶の可愛さに惚れてしまい修行をする事に・・・・。弦の前に次々
と恋と三味線のライバルが現れる・・・。


これはギャグ映画だった。弦役の柏原収史さんの事は知りませんが
実際ギタ-は弾けるひとだったのかな? 三味線は三ヶ月の特訓で
まあ私のようなシロ-トにはとっても上手く聞こえましたよ。晶役の
杏さゆりさんは食べてばかり。もっとセクシ-さが・・・ちょっと残念。

ギャグがとっても寒いし、話のつながりに歌姫が出てきますが。
必要なのか・・・この辺の演出についていけるかでしょうね。
五十嵐が拉致してきた人・・・ヨ-ヨ-・マ-、ヴァン・ヘイレン
弦が六本あったらという朝田弦に晶がダブルネックの三味線を
出して来て。使っていたのは・・・想像通りジミ-・ペイジ。
べたですな・・・。
こんな調子の映画ですが。三味線の対決シ-ンはやっぱり聴き応え
あります。津軽三味線習ってみたいと思わせる力強さがありました。

ただ、三味線を修行にした意味は!?というエンドロ-ルはいかがなもの?

津軽三味線の音色に免じて、ちょっと甘めに星★★★です~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック