家族 第四回 「嘘も方便」

何か焦りが見えますね>理美。話し合えばきっといい形に戻れそうなんだけど。画像
一度嫌いになったらもうダメ!ってなるんでしょうか女性の場合。離婚がベストの
結論には見えない。悠斗クンがどんどん可愛くなってきて。子供の心も考えて
あげてと思ってしまう。こんな幼い子に嘘も方便を理解させていいの?
もらい泣きしますた。

突然の理美の父、克治の突然の来訪。亮平の顔を見た時の渋い~表情。
近所ならともかく、旭川から来るのに連絡なしというのはどうなんだろう。
克治は女性は家庭を守るのが仕事だと考えているよう。カメラが趣味で
銀塩の一眼レフを愛用。あれデシカメじゃないの?と思ったんですが、
家庭のあり方もアナログ的な考えな方だったんですね。

すぐ仕事を辞めろという克治と辞めないという理美の間に、応援したいと
亮平。最近になって思えるようになった・・・この離婚騒動が雨降って地固まる
という形になればいいのに。なかなか亮平の変化に信じられないという理美。
いままで溜まっていた不信感はすぐにはぬぐえないんだろうけど。ただ実際に
共働きになったらまた問題が起きそう。悠斗クンがまだ幼すぎるからなぁ~。
手がかからなくなってからじゃ遅いと焦りがあるんでしょうね>理美

夕食作りますから・・・しかし新巻鮭を前にして立ち往生の亮平。そんな所に
晋さん登場! ナイスタイミング。そして美味しそうなお鍋にGJ!

家事だけでなくいろいろ頼りになるなぁ~>晋さん。アドバイスを聞いて苦手な
物に前向きになっていく亮平。父親を若くして亡くした亮平にとって父親のような
存在になっていくのでしょうね。

しかし理美は何かと、あなたには子育ては無理。悠斗を私に返して・・・
これしか言えんのか!って感じ。

亮平の作ったお弁当の出来に動揺したようで負けるもんかとオムライスを
作る理美。こんなところで張り合うより、する事がある事のでは? でも黒
尽くめの衣装はちょっと喪服のようで色っぽいかったです。ゆり子さんタイプ
ではあるんですが。

さくらさんの出番が少なかった。亮平に気持ちが向くってこれからあるのかな?

「ママ~!また 一緒に寝ようね!」 その言葉にためらいながらも頷く理美。

ちょっとは関係修復の期待をしたんですが、やはり出て行ってしまいましたね。

帰宅してママを探す悠斗クン。じぃじを心配させたくなくて嘘をついたと亮平。

「もう良いよ・・・」 嘘も方便という言葉を幼くして理解してしまった悠斗クン。

可哀想すぎる・・・。

不満も言わずに植えたばかりのチュ-リップのプランタ-に水やりを。心の中では
泣いてるんだろうな。このままじゃ乾いてしまいます。両親の愛情というお水を
あげないと心の中のチュ-リップが咲かずに終わってしまう。ここでもらい泣き
してしまいました。


理美も子供の事を思ってはいる。だから早く離婚をして悠斗を取り戻したい・・・
でもこれは悠斗クンの願っている事じゃないよ。いろいろ今までの鬱積したものは
それとしてもう一度って考えられないのかな? とりあえずヨリを戻すのはともかく
結論を急がず冷却期間を持ちましょうよ。

最後に克治の撮った三人の笑顔の写真。お世話になりましたというメッセ-ジ。
同意書の事とともに、これからも理美や悠斗を頼むの意味も? 実は別居しているの
に気づいていたのかも?とも思いました。このドラマ最後は涙で終わらせるから
もう~いけず!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月12日 17:28
夏八木さんと渡さんが向かい合って座り
その間に挟まれる竹野内さんのシーンは
なんか重くるして良かったです。

亮平が家族のために
変わったのは理美もわかってはいるんだと思います。
ただ亮平が理美に戻ってきて欲しいのは
「悠斗のため。家族のため。」

そこに理美のことを思う言葉がありません。

家族なのに亮平が全てを決めてしまう。
私の存在って何?
ってとこから理美が家を出た理由が垣間見えます。

そうして断腸の思いで家を出たのに
亮平は悠斗となんとか上手く過ごしている。
私がいなくても。

私の存在って何?

それが理美を離婚へ意固地にさせるのかもしれませんね。


最後の理美の父がとってくれた写真の世界と
現実の世界を比べてかけ離れていると感じる
亮平の後姿は秀逸です。
タカシ
2006年11月13日 01:13
亮平の独断ぶりは確かに酷かった。自分の存在や
生きてる意味に疑問を持ったのはとっても分かる。
ただ全てを亮平のせいするのはちょっとずるいかな?
なんて。結論に達するまでに改善の余地はあったのでは。

とにかくぶつかり合う、会話が足りなかったんでしょうね。
今更亮平が謝っても戻る気はないんでしょう。もう線を
引いてしまってたから。
未希といい、女性の頑なさが今ク-ルでは際立ちます。

晋一郎の存在は亮平と理美にとって相反するもので
余計な事をするお節介者にしか見えないんだろうな。

晋一郎と悠斗がドラマの鍵に。最後がどうなるか楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • 家族~妻の不在・夫の存在~ 第4話:妻VS夫!!最後の家族写真

    Excerpt: 理美の意地っ張りぃ!Σ(`皿´;)イーダ! 何で話をしようとしないのかなぁ?本当に亮平の事が許せないのなら、 いくら緊急事態とは言え顔も見たくないだろうし、帰ったとしても会話もしたくないのが 普通じゃ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-11-12 15:57
  • 家族~妻の不在・夫の存在~ 第4話

    Excerpt: 夫婦仲改善しなかったかぁ~・・・(-_-;) 亮平(竹野内豊)の変化を見て理美(石田ゆり子)も心を動かされるのかと思ってたんですが・・・。 前回、晋一郎(渡哲也)に殴られて気まずい亮平は、.. Weblog: ドラマの話をしてみよう racked: 2006-11-12 16:17
  • 家族 第4話

    Excerpt: 嘘も方便 ―――知らない事が幸せ。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-11-12 16:51
  • 家族~妻の不在・夫の存在~ 第4話 変化する夫、しない妻

    Excerpt: 内容妻 理美の父が訪ねてきた。持病の心臓病の検査入院で近くに来たという。だが、父とウマく話せない亮平は理美に連絡を取る。。。。実は、ずっと気になっていたことが『1つ』あったんです。それは今回象徴的に、.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2006-11-12 17:08
  • 家族☆第4回

    Excerpt: うわ~、ヤバイです。完全にキライになっちゃいました、このヨメ。 理美の父親が突 Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-11-12 18:59
  • 家族~妻の存在・夫の存在~第4回

    Excerpt: 妻VS夫!!最後の家族写真:相変わらず上川理美(石田ゆり Weblog: 日々雑用 racked: 2006-11-12 20:06
  • 『家族』 第4回 「妻vs夫!!最後の家族写真」 メモ

    Excerpt: やっぱりよろしいおす。>古賀(木村多江さん)。 別れてほしいわけないわね。 多江さんはやっぱり仕事だったんだね。そうだと思ってたんですよ。 それを知っただけで、もう満足(笑) 結局、反対やったんか.. Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-11-12 21:03
  • 《家族~妻の不在・夫の存在》 #04

    Excerpt: 前日の佐伯との行き違いで、気まずい朝を迎えた亮平は、お弁当を作りながらも、悠斗に幼稚園を休んで、ディズニーランドへ行こうと二人で話がまとまった。そこへ、旭川から理美 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-13 04:08
  • 家族~妻の不在・夫の存在~(4)

    Excerpt: ~妻VS夫!!最後の家族写真~ Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-11-13 11:02
  • ローストビーフ

    Excerpt: 大きな窓の外には少しだけ黄色に染まった緑が茂っていて、常にPCに向かっている私の目を癒してくれる。 ローストビーフはゴムほど硬かった。けど、先日の日記に書いた言葉、『この出来事で感謝できることは何だ.. Weblog: キレイなママになるために racked: 2006-11-13 13:41