「花ざかりの君たちへ」 第五回

相変わらず内容はないですが何となく見てしまいます。まあ夏らしくて画像
いいのかな? ストーリー上、瑞希と佐野の絡みはなく、中津の瑞希
のシーンがもっと見たかったかな・・・。瑞希の思いを知ってまた飛ぼうとする
佐野と逆にそのためにつらい思いをさせていると瑞希。二人の感情の差が今後
の展開の鍵になりそう。

もう、学園内で認知されているよう> 佐野←瑞希←中津
の恋愛模様。 あいのりにあいのり(便乗)した見せ方楽しかったよ。

難波のお母様が森口瑤子さんか。お綺麗ですがガラッパチなキャラ。
原姉さんと共通でこのドラマは女性が強い。色男、金と力は無かりけりと
いう設定なんでしょうね。

正直、男の海パン姿やお風呂のシーンなどどうでもいいというか邪魔。
女性の方はこういうのにテンション上がったりするんでしょうかね。やはり
このドラマは女性、特に腐女子向けだったりするのかな!?

一応、真希ちゃんと瑤子さんの入浴シーンがあったのが救い。水着もあったのに
全身が見れなかった。私の妄想 想像では下はパレオ付きだと思います

中央とのシーンなんか結構、瑞希が男の子ぽく見えました。仕草とか段々
慣れてきて上手くなってきたよう。とはいえなんでみんな気づかないの!?

対決シーンは何時もの意味なしハイテンション馬鹿騒ぎでしたが、実はここが
一番力入れているのかも? 個人的には松田聖子ファンの外人さんが壺
でした。校長はもう出ないの? 最終回とか?

中学の時の家庭教師で元カノ・・・難波が元カノが忘れられない・・・・っという
のは何か分かる。あのころは純粋だったし、難波がナンパなのはその人の
事を引きずっているからだったりするのかも?っと思ったら立ち直り早っ!

中央と瑞希の心情は似ているんですね。瑞希に反発心を見せてた中央とも
少し打ち解けたよう。いくら瑞希が言い訳しても佐野への思いは

やはり・・・恋でしょう!!

今週で一番気に入ったのは「相手の幸せは?」と中央に言われてはっとする
難波の表情と結婚おめでとうと自分の感情を押し殺して祝福するところ。
「プロポーズ大作戦」でどう見ても幸せそうな二人を自分の勝手な感情で
引き裂いていいの?っとずっと引っかかってあまりはまれなかった。だから
難波が相手が幸せなら・・・ってというのはほっとしました。

画像

内容が無いといいましたが、今週はいろんな人の心の思いとか描かれていてまあ良かったかな。難波母が佐野の番号と言って実は弟の番号を渡しあたりはGJ!と思いました。陸上部に戻ってメデタシといかず、最後は瑞希を見て飛べた・・・と展開を想像していたのに意外でしたね。まあ失敗して土下座までとした方がより思いが伝わるし。思ったより考えられているのかも知れませんねこのドラマ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック