「OLにっぱん」 第一回

今期の日テレの三つのドラマのテーマはズバリ、「下剋上」。目下と思われる
者からの働きかけや影響を受けて、自己を見つめ直して変わろうとする物語。
まずは「OLにっぽん」がスタートしましたが私の評価は×です。



多分、このドラマの元ネタであろうと考えられるのはこれ。

通販のニッセンが人事、総務のアウトソーシング(外注)を一通り終えて
次は総務の業務を中国(大連)に移すというのをNHKが取材していくという番組。

私はこの番組は見てないんですがこの番組を見た方のブログをいろいろ
拾って見たところだと・・・

ニッセンの例だと費用が一人一時間当りの費用(マンアワー)が日本だと5500円の所
大連だと750円で済むとの事。ドラマで約80%の削減とかやってましたけど
あながち適当なでっちあげではなかったんですね。

これでは太刀打ちできませぬ。

さて、ドラマの感想ですが・・・

ほとんど要らないエピソードばかりで。テンポが悪いというか見てていらいら。
もっといろいろ切った方が見やすかったのでは?

NHKの番組では総務一筋21年のおじさんが総務の業務をアウトソーシングなんて
無理・・・だと懐疑的だったけれど中国から研修に来た女性の仕事ぶりに驚き、
発奮し、スキルアップのために新たな資格取得に挑戦する・・

ドラマではこれをOLさんに変えた訳ね。おじさんが頑張る方が共感えられそう
なんですが・・・にっぱんのOLさんに総スカン食いそうですよ。

中国で化粧して仕事をするのはホステスだけ・・・

まず話はイッテQでこれを検証してからだ! 事実じゃなかったら大問題だと思う。

ちなみに日本の化粧品(ファンケルなど) 無添加などで中国では大人気。けっして
化粧に興味がないという訳でもないよう。そんなに公私をきっちり分けられるもの
なのかなぁ~。

神崎さんは純粋にすっぴんではないし、ヤンヤンもメイクしてたからなぁ~。
ずっとあのすっぴん風メイクを続けていくのでしょうかね。ガネーシャも爪を
切れとはいったけど化粧するなとは言ってない。

私は別に化粧は構わないと思います。それで気分も変わるし化粧のノリで
仕事も晴々というの女心を完全否定したくない。

むしろバリバリ化粧してもネイルしてても私は負けないというくらいの
勢いでも良かったのかも。まあドラマのテーマは下剋上ですから。

相手がサダヲさんというのを思い切りましたね。かなりイラッとしたのは成功なのか
でももっと男前の人でないと女性の支持が受けられなそう。

脚本が「ハケンの品格」の中園さんだったのでその姉妹作みたいなものかと
思ってましたが。脚本家以外他のスタッフは関わっていないんですね。
あの「受験の神様」のスタッフ(脚本以外)となるとかなり不安。

正直、「ハケンの品格」のような爽快感は皆無でした。派遣問題より海外への業務委託となると、どうしてもナショナリズム的思いが過ぎるのは禁じえませんでしたし、現在中国の印象は最悪。お前になんか言われたくないと思ってしまいます。さらに中国のテレビ局との協力関係もあって、ある程度向こうの顔を立てないといけない事情もありそう。中園さんも何だか書きにくそうにも感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月11日 11:20
>中国で化粧して仕事をするのはホステスだけ・・・
その話を思いっきり鵜呑みにしてしまった私です(笑)

まぁ嘘だったらそれで叩き甲斐があるものですけど(苦笑)

まぁこのドラマでいいたい事は
終盤の30分くらいのもんでしたが

なかなか、ハッとさせられる事があって
その点に関しては個人的には気に入ってます。

日テレさんは相変わらず勝負してきますね。

でもって最近、この枠で使っている観月さんを
ポスト篠原って感じにしようとしてる気がしますね。

後は最近、テレビの広告費が削られているという話が多く
そこで海外=中国に協力&スポンサーをお願いしようと
してるようなとこもあるようです。

まぁ序盤は中国の良さが目立ちますが
中盤以降では中国の悪さとかもしっかりと描いてくる
・・・・・・・はず(; ̄∀ ̄)ゞ


とりあえず、自分はこのドラマの演出よりも
このドラマで言いたい事に注目して見る事になりそうです。
タカシ
2008年10月12日 08:38
ikasama4さん、お早うございます~。

化粧云々が実情を反映されているかは別として
神崎さんがずっとすっぴん風メイクに?何だか
足かせにならないのかと。こんなんで勝負にでなくても

初回で一桁しかもかなり低い数字・・・最初の中国ロケで
だめだと思った方が多かったのでは。
今の日本で中国マンセー、日本最低みたいなドラマを
好んで見るような度量な広い方は少ないと思います。

中国製品に不安は持つもの、実際にはいろんな所で頼っている
実情。今の中国と高度成長当時の日本・・・そんな所を
訴えたいのでしょうが見せ方が下手。

観月さんを中国からの刺客にしたらもっと観やすかったのでは?

この記事へのトラックバック

  • OLにっぽん 第1話「働く女はすっぴん!?日本VS中国お仕事バトル勃発!!」あらすじ

    Excerpt: OLにっぽん  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 中国でのアウトソーシングの成果を視察して帰国した東慶商事の社員・神崎島子(... Weblog: テレビドラマレビューブログ:ドラマニア racked: 2008-10-09 15:09
  • OLにっぽん 第1話

    Excerpt: アウトソーシング=外注 ある仕事を外部の企業に委託する事 ドラマの舞台である東慶商事では 人事と経理の業務の50%以上を人件費の安い中国に委託して成果を出していた。 そして会社の経営陣は総務課.. Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2008-10-11 10:39
  • OLにっぽん

    Excerpt: 既に出尽くした感のあったOLモノに、新たな斬りクチ! おもえば、昭和ブームも「忘れかけてた(大切な)ものを思い出そう」がキーワードだった気がしますが、それを、今度は異文化交流から… ってあたり、.. Weblog: のほほん便り racked: 2008-10-17 08:59