パパとムスメの七日間 最終回 「俺と結衣は、『あぶない刑事』以来、最強のコンビ」

ちゃんとバレーの延長も考慮して録画。無事、最終回も見れました! 満足のいく画像
もので良かったです。七日間で元に戻るという意味ではなかったんですね。
もしかして・・・SPも可能な気もするし、三ツ矢サイダーの特別CMもステキ。
いいドラマって心がすっきりキレイなる気がします。サイダーのように。

折角、西野さんが憑きものが落ちたように改心したのに、あそこで桃を落とす
なんてどんだけぇ~。絶対、ぱっと目覚めるのは分かっていても、小梅の必死
の呼びかけにぐっと来ちゃいました。

四日間昏睡状態のため目覚めた時は二人とも大切な予定が・・

病室はもぬけの殻だった・・・っと思いきやママが隠れていましたとさ。
麻生さんがまるで高校生の乙女のように可愛かったですね。舘さんやガッキー
が素晴らしかったのは勿論ですが、麻生さんのステキなママがいたからより
盛り上がったと思いますでした、かなり好きになりました。

健太先輩がPKを外し試合は負け、御前会議は既定路線で・・・

とプレゼンは失敗。


ええ~っ 上手くいくと思っていたので意外。しかしこれはちゃんと考えられていて
小梅はパパだった経験で大人の言葉で健太先輩を励まし、パパは小梅のように
自分の主張を社長にぶつける事ができた。お互い、大逆転勝利!!

さらに・・・律っちゃんとお父さんが突然乱入!!

これにはいきなりびっくり~!! 中山家の父娘と川原家の父娘の違い。

小梅・・・「大人って結構子供のこと分かろうと思ってるもんだよ。」「分かりたい
けど、分かんないからつい怒鳴っちゃったり必要以上に心配したりしちゃうもんなんだよ」。


「大人って結構頑張ってんの!」。「うざいこと言うだけのことやってんの」

パパ・・・「子供だって学校に遊びに行ってるわけじゃないんですよ。」「自分の
子供なんですから、とことん信じてあげましょうよ。」 「そうすれば子供だって、
決して親を裏切るようなことはしないと思います。」


「もう一度話し合ってください。」 「友達も家族もケンカした時こそ絆を深める
チャンスですよ。」


律ちゃんたち・・・「はぁ!?」 「ええ!?」 「・・・。」 


このドラマの、二人が入れ替わった事がお互いを認め合い、
いい影響を与え合うというテーマがここでちゃんと結実するんですよね。何を
視聴者に伝えたいのかはっきり分かる・・・これがいいドラマだと私は思っています。


最後で舘さんのナレーション。今まであったけ? そんなに説教くさいセリフって
無かっただけにここぞというところで使うと効果ありますね。すべてがここに・・
っという思いともうおわってしまうんだという寂しい想いが交差してしまいました。

画像

そして小梅からのアンサーがサイダーのCMの中に込められているように、感じられてステキでしたね。きっと家族で見ていたらぐっと来ただろうなぁ~

画像

戻った後、ちゃんと舘さんはパパに、ガッキーは小梅に見えましたね。だから時々前の癖がちらっと出てしまうとくすっと来てしまうし、何か嬉しく思えてしまう。私たちからもいいコンビだと思えていましたが公式で舘さんは 「俺と結衣は、『あぶない刑事』以来、最強のコンビ」 っといってくれたそうです。最高の褒め言葉ですね。娘とだけでなく、相棒、相方と認めてくれた のだから。家族の事だけでなく、認めあう、理解する・・・そんな気持ちと努力する意識を持っていれば戦争すらなくなる気がします。でも実際は中山家が現実なんですよね。


"パパとムスメの七日間 最終回 「俺と結衣は、『あぶない刑事』以来、最強のコンビ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント