ライフ 最終回 「いじめは下らないし、ダサい!」

今期のドラマで一番の問題作となったライフ。まだ原作が終了していなくて画像
先に結末をという事情の中では頑張った最終回だったと思います。ラストの
CMまたぎは蛇足の気もしますが、いじめは許さないという番組の良心を
見せる必要性は分かるし、凛とした歩はかっこいいと感じました。

愛海が最後まで変わらなかったのは良いと思います。悪の気高さみたいな
姿勢を貫いたのはある意味見事だったと。それでも可哀想とは全く思わない

因果応報、いじめという報復は認められないけれど何らかの罰を受けるのは
当然ですから。

私が歩の立場だったら・・・やはりみどりたちのいじめに加わらない。そんな事
をしたら自分も汚れてしまう。いじめという汚いモップで愛海だけでなく自らも
崇高な魂が穢れる気がする。

愛海とタイマン。こういう対決ならいいのにな。キスできそうな距離だったので

「愛海、近いよ!」っと言うかと思った>歩。

佐古はGJでした。教室での登場もびっくりしたけど、連行される時まで歩に
ちょっかい出すなんてどこまですごいんだ。

愛海や佐古がゆがんだ心になったのはすべて大人のせいとは言いたくない
けど佐古が戸田に言った言葉は正しいと思う。腐った大人たちが子どもを
ダメにしてるというのは同意。これといじめは許されないのというのが番組の画像
メッセージなんでしょう。

このドラマでイメージアップしたのは・・・

歩役 北乃きい・・・決して美人じゃないしスタイル抜群という女優さんではない
(ぎゃくにそこがいいのかも) 目力はあるし、はっとする表情もあって魅力的
でした。14才の母の時は目立たなかったけど、ショートにして正解。本当に
歩になり切ってましたね。かなりほれました。

愛海役 福田沙紀・・・こういう役をするとはねぇ。拝啓・・・でちょっと小悪魔な
お嬢様役をやったので素質はあったのかも知れないけど。かなりムカついた
けれどそれは上手く演じられた成果だったのでしょう。最終回は歩を凌ぐ
存在感でした。

佐古、園田、羽鳥さん・・・・勢いのあるドラマらしくみんなその熱さに
引っ張られて好演していました。

イメージダウンは・・・・

戸田先生役 瀬戸朝香 あんまり上手には見えなかった。役柄的にも悪にも
正義にもなれない中途半端だったからかなぁ~。

ヒロ役の星井七瀬 演技は上手だったと思うけど暗くてブサイク顔が多かった
これが星井さん!? っと思った事が何度も。でも褒め言葉かもね。

みどり役の 末永遥 ボウケンビンクがいじめ役!? がさつな暴力キャラ
「おめえの席はないから!」には吹いた。美人なのに。

メガネのロングヘアーの子、あまりの手のひら返しに引いた。

目を惹かれたのは夏目鈴さん。長身ですっごい可愛い顔立ち。演技はよく
分からんかったがビジュアル的には大注目でしょう!

これでいじめる人間なんて醜くて最低だとみんな思ってくれればいいんだけど。
いじめられる側にも責任がなんて認めません。愛海に同情する余地はないに
しても。


画像

私はいじめをテーマするものは大嫌い。答えなんか決して出てこないから。ライフは愛海や佐古の怪物ぶりに純粋にいじめ問題のドラマでなく、ネタドラマとしての面もあったから冷静に見れた。それよりも若い俳優さんの熱演と凝った映像と演出に拍手を送りたい。ここから注目されて飛躍する人材がいろいろ出てきそう。


"ライフ 最終回 「いじめは下らないし、ダサい!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント