コールセンターの恋人 第一回

う~ん、全く箸にも棒にも・・・と言うほどつまらなくはないけれど。
さりとて面白いっ!!と思えるほどでもありませんでした。もう少し
見ないと・・・経過観察という所です。



最近の基本方針としては本放送が始まるまで、公式サイト及び番宣番組
は一切見ないとしておりまして。まっさらな状態で臨んでおりましたら・・・

えっ? こんなお話だったの!?


かなり思っていたものと違っていてびっくりしました。最初に徹子の部屋ですものねぇ

コールセンターの恋人って孝太郎さんじゃなくてミムラさんだったのね。
完全に主役だった>ミムラさん。

ミムラさんの後ろに大前春子さんの亡霊が・・・本来なら篠原涼子さんに
演じて欲しかったのかもと。まあ頑張って演じては頂いていますが。

良くも悪くも中園作品という印象。

孝太郎さんは・・・いつものいい人キャラじゃなくて、あんまり性格の良くない感じ。
悪口を言っているところを聞かれ左遷。クレーム処理も最初からクレーマだとして
怒らせる始末。最初、立てこもり事件もあそこで怒らせたからと思っちゃいました。
段々、いい人になっていくんでしょうね。

名取さんの通販のカリスマプレゼンター「南極アイス」・・・何であんなに
偉いんだろう? 青山響子との関係・・・母娘とか?? 演技が通り一遍なのが
ちょっと。

滝沢さんは最近どうでもいい役ばかりですねぇ~。何か勿体無い気がします。

いくらアイスさんが何でも切れると言ったからといっても、あの看板の支柱は
無理ってもんで。青山さんが切りたいものを切れ!・・・あの桃かよ
オチが強引で私はちょっと納得が行きませんでした。

青山さんがプロフィリングで犯人像をあれこれ推理していく所は面白かったけど。
毎週あんな感じでやるわけではないですよね。お約束とバリエーション、どれだけ
話を膨らませていけるか。2、3話見ないと評価できません。

"コールセンターの恋人 第一回" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント