The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS フルスイング 第一回、第二回を見ました。

<<   作成日時 : 2008/01/27 06:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

今クールの連ドラで掘り出し物の超良作と言われているNHKの「フルスイング」
初回は見逃したもののVeohでアップされたものを見ました。そして今二話目も。
いやぁ良かったね。教育というものは難しくて答えは一つじゃないし、これは
理想すぎるといえなくもないけど。熱意があれば、投げ出さなければ何時か
実を結ぶものがあるのではないかと。


第一回 「大きな耳、小さな口、優しい目」

30年プロ野球の打撃コーチを務めていた高林導宏は、突然球団から契約解除を
宣告される。失意の高林に福岡の高校に教育実習生として行ってみないかと
誘いの電話がかかり・・・。

私も実は教育実習の経験があります。多分人生で一番勉強したのではないか。
正直、授業だけで精一杯で高畠のように生徒一人一人と接したり、写真を撮って
名前を覚えようなんて余裕は全くありませんでした。

天童先生に聞かれたように「本気で先生になる覚悟」はありませんでしたし、
単位取得のためだったから、このドラマを見て当時を思い出し冷や汗をかく思いです。

最初、高林さんが時任先生に不審者と間違えられてるあたりは何だかなぁ〜っと
思ったもののその後からは本当に胸にしみます。広告塔としての自分の存在に
悩む時任先生、ベテランで教育論に一家言持っていながら他の先生方には石頭と
言われている天童先生。事なかれ主義で生徒同士の問題も見て見ぬふりをする
教頭。閉塞感のある教育現場に新しい風を吹き込むかもしれないと実習生として
受け入れた校長・・・いろんな先生方が登場します。天童先生が立派な先生に
見えて意外と?の部分を描かれているのが新鮮でした。

時任先生に写真を撮って名前を覚えたら?っとアドバイス。私は集合写真でも撮って
・・・っと思ったら 一人一人かいっ!! 最初は気味悪がった生徒も段々積極的に。

確かにみんな写真撮られる好きだもんな。約一名逃げ回ってた女性徒が可笑しかった
高林さんのフルスイングな熱意と森くんの夢=カメラマンというのを導くなかなかいい
エピソードでした。あんなアルバム生徒たちは嬉しいよな。

「大きな耳、小さな口、優しい目」


言い換えると小さな事も見逃さず、必要以上に口出さず、いつでもウェルカムの
体制で見守り、まっているという感じでしょうか? タイミングって確かに大切。
ただ後で、まっているだけではとまた悩むんですよね。ケースバイケースだから。
それもまたタイミングとも言えるか?

長くなったので二話目は次にします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フルスイング 第1話 「再びの、夢」
高畠導宏さん 30年間プロ野球の打撃コーチ一筋に生き 彼が育てたタイトルホルダーはのべ30人になります。 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/01/27 08:59
フルスイング 第1話
事前チェックもなく、野球も全然興味ないし、でも、何となく見てたらこれが満塁ホームラン!やられたなぁ〜めちゃくちゃ感動して、涙ポロポロこぼれちゃった。これ実話なんだ。。。「夢」を語る高林(高橋克実)が素敵でした。 ...続きを見る
アンナdiary
2008/01/27 19:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も教育実習の経験がありますが
当時はやはり自分の事で精一杯で
その日の授業とかその日の課題ばかりに
集中していてとても生徒達に何かしようとまでは
思えませんでした。

たしかに今から振り返ると自分が恥かしいです。

「教えて欲しい」と言ってくれるまで待ってあげる。

かつてコーチ時代に培った経験
コーチとして夢を追いかけた30年

それがこうして生かされている。


それ以上に自分達の夢を高さんに知ってもらえる。

こういうトコロはちょっと羨ましくなります。

「自分もこういう人に会いたかった」って。


事実を基にした作品というのもあるのでしょうけど
単なる病気モノのお涙頂戴ではないはずなのに
泣けてしまう

ここ最近では見た事がなかった新鮮さと
生きる事の熱い思いの大切さを強く感じる作品ですね。
ikasama4
2008/01/27 09:20
ikasama4さんも教育実習の経験がありましたか。
もし私が天童先生に本気で教師になる覚悟はと聞かれたら
多分その気もないのに適当にそのつもりとか答えてしまった
のかも。高林さんが答える事ができなかったのを見て
何て正直な人だと思いました。

教師としてはまだひよっ子でもコーチとしては30年の
大ベテラン。本当は時任先生なんて・・・っという所ですが
決して自分の意見を押し付けるという方ではないのが素晴らしい

いろんな経験の中で「大きな耳、小さな口、優しい目」
という信念がうまれたんですね。

今でも泣きそうなのに病気の部分まで進んだらどう
なるんだろう。無駄なシーンなどなくCMも入らないから
ずっと見入ってしまうんですよね。感情移入しまくりです。
タカシ
2008/01/28 05:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フルスイング 第一回、第二回を見ました。 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる