The Glory Day

アクセスカウンタ

zoom RSS CHANGE 第五回

<<   作成日時 : 2008/06/15 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

このドラマは何処に行こうとしているんでしょうね。締めのセリフはいいけど・・・
他のエピソードは全く不必要だったと思う。ファンタジーからドタバタコメディに
なってました。


まあ「総理の危険な休日」ってタイトルをつけたい、ある種箸休め的な回でした
から本題はこれからって所でしょうか。何だかずっと箸休めな軽い内容で
終始する悪寒。

総理がこれ位大切な事を把握しているのは当たり前だと思うんだけど。
話し合いしてどうにもならない相手っているし、僅かな教師としての経験が
外交の役に立つのかどうか。

今、食料危機、自給率の低さが問題になっている時こんな要求はリアルに
アメリカが行ってくる訳ない。例えばBSE問題のように制限されていたものを元に
戻して!!ものならもう少し頷けるかもしれません。

後、何だか脚本も演出も役者さんの演技などみんなルーティンって印象。もっと
練りに練ったというものが感じられない。ドーナツの名前でもビバリーヒルズ・・
なんてどっかのダイエット食品か?って。センスないっす。何か適当。こういうのが
一事が万事じゃないかなぁ。

竜巻・・・これは考えたのかもね。地震や台風、洪水などは実際オンエア時にあるかも
しれない。そのリスクを避けるとしたら竜巻で総理が陣頭指揮に立つほどの被害は
日本では考えにくいからね。ただ全くのとってつけで必要なかったね。結局美山さんが
買ってくるだったら冒頭の騒ぎも無意味でした。

一番優先するもの・・・懐中電灯とラジオって。ほとんどの家庭に一つはあるもの
ではないでしょうか?  不安させない? 大体避難所にみんな集まっているものでは?
暗闇のなかにぽつりなんてシチューエンションを総理が考えているとしたら
本当に素人総理ですね。

結局、全体にとってつけで薄々の内容だから全く共感できません。あり得ない話でも
見てる間は何となくありそうと引きずり込まれてしまうほどの魅力はありませんね。
設定はおとぎ話でもちゃんとひとつひとつにリアルものがないと。ただ無事に毎週
放映さえすればいいというドラマに思えます。


岩手・宮城地方で強い地震が起こり大変心配しております。新潟でも何度も怖い思い
をしてますからその恐怖・つらさは分かります。日本に住んでいる限りは避けられない事
ではありますが胸が痛くなります。

今度の地震は緊急地震速報が間に合って、新潟では揺れが来る前に分かりました。
まあ心の準備ができた程度でしたが。今後同じケースで何らかの対策が取れるように
準備をしておきたい。それが被害あった方々への報える事ではないでしょうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
CHANGE 第5話
特別補佐官として官邸に入る事になった韮沢さん。 ...続きを見る
渡る世間は愚痴ばかり
2008/06/15 12:22
CHANGE第5話(6.9)
強硬な要求をするアメリカ通商代表に対して 朝倉啓太@木村拓哉が、自分の考えを主張。 何もわかってない、形だけの総理かと思われてきた朝倉が、 実は、すべてを把握しており、 米国側を納得させ、秘書官の郡司@平泉成を心服させる。 こうやって、毎回、理解者が増... ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2008/06/16 01:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CHANGE 第五回 The Glory Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる